お問い合わせはこちらへ

私たちホセ・カレーラス・ファンクラブ・ジャパン(略称:JCFC)は、1980年に設立され、今年で創立38年を迎える世界で最も古いホセ・カレーラスのファンクラブです。その歴史の中にはさまざまな出来事もありましたが、マエストロ・カレーラスの歌声と勇気、そして常に変わらぬ熱意を持ってカレーラスを応援する会員の皆さんに支えられ、ここまでやってくることができました。
最近では、2011年に出版されたホセ・カレーラスの自伝「A viva voz」に、日本のことがカレーラス自身によって9ページにもわたって書かれていて、そこにファンクラブのことも詳しく紹介されています。また、他の国に新設されたファンクラブに、“日本のファンクラブをお手本に”と言ってくださった話など、私たちJCFCへの温かな眼差しを感じるエピソードが伝わってきます。
来日の折には、体調やスケジュールによほどのことがない限り、ファンクラブ主催の歓迎レセプションに出席してくださっていることも、創立以来、節度を持った誠実な対応を心がけてきた当ファンクラブのあり方が、カレーラスの信頼を得た結果だと信じています。
1987年、突如知らされたカレーラスの白血病発症、そしてその後、感動的な舞台復帰を果たしてからは、ファンクラブの活動も大きく変化を遂げてきました。 白血病から奇跡の復活を果たしたカレーラスが、現在、演奏活動と並行して最も力を注いでいるのが、ライフワークとも言えるホセ・カレーラス国際白血病財団の活動です。私たち、ホセ・カレーラス・ファンクラブ・ジャパンでも、ファンクラブ内に白血病基金を設け、病と闘う人々に寄せるマエストロのチャリティー活動を支えています。
JCFCは、そんなマエストロ・カレーラスを、歌手として、人間として、心から尊敬し応援しています。
                       JCFC会長 田尾下 哲



ファンクラブ主催「歓迎レセプション」にて
 
                 (2017年11月)

本文へスキップ
・カレーラス ファンクラブ ジャ

ようこそ、ホセ・カレーラス ファンクラブ ジャパンのホームページへ